ルボックスの併用禁忌・注意薬とは?

 

医薬品のほとんどに、併用注意薬や併用禁忌薬がありますが、ルボックスも例外ではありません。

 

ここからは、どんな医薬品がルボックスと併用禁忌・注意となっているのか見ていきましょう。また、よく使用されている医薬品との相性についても確認しておきましょう。

 

 

ルボックスの禁忌事項を確認

 

ルボックスを服用するまえに、まず禁忌事項をチェックしましょう。なぜなら、状況によってはレクサプロの服用が禁止されてしまうからです。

 

↓はルボックスの添付文書に書かれている内容です。

 

  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の患者
  3. ピモジド,チザニジン塩酸塩,ラメルテオンを投与中の患者
参考ページ:ルボックス添付文書

 

ルボックスに対して過敏症を起こしたことがある人

 

ルボックスを服用する人のなかには、過敏症がでるというケースもあります。過去にルボックスが原因で過敏症になった経験があるなら、それがかなり昔であったとしても、今後ルボックスを服用することはできません。

 

→過敏症の副作用

 

↑過敏症についてくわしく知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の患者

 

MAO阻害剤は、ルボックスと併用禁忌となる医薬品です。服用している可能性があるのは、パーキンソン病の治療をしている人などです。たとえ、MAO阻害剤を中止したとしても、ルボックスをすぐに服用することはできません。ルボックスが服用できるのは、14日を過ぎてからとなります。

 

ピモジド,チザニジン塩酸塩,ラメルテオンを投与中の患者

 

ピモジド/チザニジン塩酸塩/ラメルテオンも、ルボックスと併用禁忌とされる医薬品のひとつです。もし、ピモジドを服用しているなら、どんな理由があってもルボックスは服用できません。

 

ルボックスの併用禁忌薬は?

 

ルボックスと併用禁忌となる医薬品は、全部で4つあります。併用すると危険な状態になる可能性もあるので、必ず覚えておきましょう。

 

モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤(エフピーなど)

 

モノアミン酸化酵素(MAO)とは、酵素のひとつであり、モノアミン神経伝達物質を酸化させる働きがあります。「MAO-A」と「MAO-B」という2種類のMAOがありますが、国内で認可されているのは「MAO-B」に関連する「エフピー」だけです。

 

このエフピーが、パーキンソン病治療に使用されるのは、ドーパミン量を増やす効果があるからです。エフピーには、MAO-Bを阻害することで、ドーパミンを酸化しにくくするはたらきがあります.

 

MAO阻害剤とルボックスは併用することで、かなり深刻な症状がでることがあります。たとえば、発汗や発熱、全身のけいれん、こん睡といった症状です。繰り返しになりますが、MAO阻害剤の服用をやめたからといって、すぐにルボックスを服用することはできません。最後にMAO阻害剤を服用してから14日間は、ルボックスは服用禁止となります。

 

MAO阻害剤を処方されるのは、パーキンソン病などの疾患がある場合です。そのため、処方されるケースは少ないといえます。とはいえ、併用はかなり危険であるため、MAO阻害剤を服用しているなら、事前に医師に伝えておきましょう。

 

ピモジド(オーラップ)、チザニジン塩酸塩(テルネリン)、ラメルテオン(ロゼレム)

 

上で解説したように、ルボックスと期間制限つきの併用禁忌薬は、MAO阻害剤となります。そして、その他に期限制限なし(同時併用禁忌)の医薬品が3つあります。

 

薬剤名など 何の症状に利用されるか 併用のデメリット
ピモジド(オーラップ) トゥレット症候群、自閉症、統合失調症等 ピモジドの血中濃度が上昇又は半減期が延長することにより,QT延長,心室性不整脈(Torsades dePointesを含む)等の心血管系の副作用が発現するおそれがある
チザニジン塩酸塩(テルネリン) 筋弛緩剤 チザニジンの血中濃度が上昇又は半減期が延長することにより,著しい血圧低下等の副作用が発現するおそれがある
ラメルテオン(ロゼレム) 不眠症、睡眠障害 ラメルテオンの最高血中濃度,AUCが顕著に上昇するとの報告があり,併用により同剤の作用が強くあらわれるおそれがある

 

ルボックスと併用禁忌の医薬品は↑の3つです。特に、チザニジン塩酸塩(テルネリン)は「肩こり」「腰痛」、ラメルテオン(ロゼレム)は「睡眠障害」で利用されるため、意外とお世話になる人も多い医薬品です。

 

うつなどの治療とは違う病院で診察を受ける可能性もあるので、「ルボックスを服用している」ということはしっかりと伝え、併用にならないよう気を付けるようにしましょう。

 

ルボックスの併用注意薬は数が多い!

 

ルボックスと併用注意とされる医薬品は意外と多いといえます。そこで、併用注意一覧を見ていきましょう。

 

薬剤名など 何の症状に利用されるか 併用のデメリット
セロトニン作用を有する薬剤 鎮痛、抗うつなど ルボックスのセロトニン作用を相互に増強させるため、セロトニン症候群などのリスクがある。
代謝酵素を阻害する薬剤 抗てんかん、抗うつなど どちらかの代謝・排泄を遅らせるため、血中濃度が上昇し、作用が強く出すぎたりする可能性がある。
出血傾向が増強される薬剤 抗うつ薬、NSAIDsなど 皮膚の異常出血などが起こる可能性がある。
メサドン塩酸塩 鎮痛 メサドンの血中濃度上昇の可能性がある。

参考ページ:ルボックス添付文書

 

↑がその一覧ですが、中でも

 

  1. セロトニン作用を有する薬剤
  2. 代謝酵素を阻害する薬剤
  3. 出血傾向が増強される薬剤

 

の3つについては要注意となります。以下で詳しく説明していきます。

 

セロトニン作用を有する薬剤

 

SSRI ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフトなど
SNRI サインバルタ、トレドミン、イフェクサーなど
三環形抗うつ薬 トフラニール、トリプタノール、ノリトレンなど
その他 トラムセット、セント・ジョーンズ・ワート、L-トリプトファンなど

 

ルボックスは「SSRI」とよばれる医薬品のひとつです。セロトニンにはたらきかけることにより効果を発揮する医薬品です。セロトニンの再取り込みを阻害して、脳内のセロトニンを増やすというしくみです。そして、セロトニンに関係している医薬品はルボックスだけではありません。

 

例をあげるなら、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)もそのひとつです。また、神経痛や三環形抗うつなどで処方されるトラムセットも、セロトニンを増やす作用があります。意外なところでは、セント・ジョーンズ・ワートというサプリメントも含まれます。もちろん、ルボックス以外のSSRIも該当します。

 

ルボックスとセロトニンに関連する医薬品はなぜ併用注意となるのでしょうか。それは、併用によって、セロトニンが増えすぎてしまうからです。その結果、セロトニン症候群の発症リスクが高まってしまうのです。

 

とはいえ、体質に合わないケースを除き、SSRIを併用するケースはあまりないでしょう。三環形抗うつ薬やSNRIにもおなじことがいえます。注意したいのはトラムセットなどの、診察科がことなる場合でしょう。また、ドラッグストアなどで手軽にサプリが入手できる、セント・ジョーンズ・ワートL-トリプトファンは、気づかずに併用する危険性が高いです。いずれにせよ、併用注意の医薬品について知識を持っておくことが大切です。

 

代謝酵素を阻害する薬剤(デパス、バイアグラなど)

 

医薬品は、肝臓の作り出した「代謝酵素」によって代謝され、やがて体から排出されます。もし代謝酵素がなければ、医薬品の成分がずっと体内に残ってしまい、トラブルになります。

 

しかし、ルボックスには「CYP1A2」「CYP2C9」「CYP2C19」など、さまざまな代謝酵素の働きを阻害してしまう特徴があります。その結果、それらの代謝酵素を利用する医薬品がうまく代謝されなくなり、血中濃度が上昇して効果が出過ぎたり、副作用が現れたりするようになります。

 

例えばすでに紹介したラメルテオン(ロゼレム)はルボックスと併用禁忌ですが、それはラメルテオンが「CYP1A2」などの代謝酵素を利用するからです。ルボックスを服用すると「CYP1A2」の働きが阻害され、ラメルテオンがうまく代謝できなくなってしまうのです。そのため、併用禁忌となっているのです。

 

ジャンル

薬品名

抗てんかん剤

フェニトイン、カルバマゼピン

三環系抗うつ剤

イミプラミン塩酸塩、アミトリプチリン塩酸塩、クロミプラミン塩酸塩

ベンゾジアゼピン系薬剤

アルプラゾラム、ブロマゼパム、ジアゼパム など

非定型抗精神病薬

オランザピン、クロザピン

パーキンソン病

ロピニロール塩酸塩

神経痛

メキシレチン塩酸塩

勃起不全(ED)

シルデナフィルクエン酸塩

β-遮断剤

プロプラノロール塩酸塩

キサンチン系気管支拡張剤

テオフィリン など

免疫抑制薬

シクロスポリン

クマリン系抗血液凝固剤

ワーファリン

 

↑は、ルボックスと併用すると代謝酵素が阻害されてしまうため、併用注意となっている医薬品の一覧です。いずれも、併用によって血中濃度が上昇しすぎてしまい、効果が出過ぎる、副作用が強く出るなどのリスクがあります。

 

中でも注意したいのが、

 

  1. ベンゾジアゼピン系薬剤
  2. 勃起不全(ED)
  3. キサンチン系気管支拡張剤
  4. クマリン系抗血液凝固剤

 

となります。

 

ベンゾジアゼピン系薬剤

 

いわゆる抗不安薬・睡眠薬と呼ばれる医薬品のうち、かなりの利用者がいる医薬品ジャンルが「ベンゾジアゼピン系薬剤」です。

 

ロヒプノール(サイレース)、デパス、レンドルミン、ハルシオン、ユーロジン、ソラナックス、ワイパックス、ベンザリン、メイラックス など

 

デパスやハルシオン、ソラナックスなど、利用者の多い医薬品が該当します。医者が理解したうえで同時処方する場合は構いませんが、自己判断でルボックスとベンゾ系薬剤を併用するのは避けたほうがよいでしょう。

 

勃起不全(ED)

 

勃起不全治療薬の中でも、「シルデナフィルクエン酸塩」は併用注意となります。これはいわゆる「バイアグラ」のことで、勃起不全治療薬としては利用者数ナンバーワンの超有名薬品です。もし日ごろから利用しているなら、シアリスやレビトラといったその他のED治療薬に切り替えたほうがよいでしょう。いずれにしても、クリニックでしっかり相談しましょう。

 

キサンチン系気管支拡張剤

 

キサンチン系気管支拡張剤にはいろいろありますが、中でも要注意なのがいわゆる「テオフィリン」です。というのも、テオフィリンは市販薬に含まれており、気付かないうちに併用にいたってしまう可能性があるからです。

 

喘息治療で市販薬を使っているなら、キサンチン系気管支拡張剤が入っていないかどうかは薬剤師などに問い合わせておきましょう。わからないようなら、医師に相談して問題ない処方をしてもらうのが無難です。

 

クマリン系抗血液凝固剤

 

クマリン系抗血液凝固剤のうち、「ワーファリン」は併用禁忌・注意の医薬品が多いことで知られています。そして、ルボックスも併用注意となっています。

 

あまり利用者が多い医薬品ではありませんが、もし服用することになりそうなら、医師に「ルボックスを服用している」と伝えるようにしましょう。

 

上記の医薬品については、ルボックスの併用注意としてしっかり覚えておきましょう。

 

出血傾向が増強される薬剤(ロキソニンなど)

 

最後にチェックしたいのが、ルボックスと併用すると出血傾向が出てしまう医薬品です。SSRIには血小板凝集の阻害作用があり、一部の医薬品と併用すると出血傾向が出ることがあります。

 

出血傾向が出る医薬品は何種類かありますが、その中でも注目なのがNSAIDsです。

 

NSAIDs(非ステロイド解熱・鎮痛剤) ロキソニン、ボルタレン、アスピリン、イブプロフェン、インドメタシンなど

 

↑のリストはNSAIDsをまとめたものです。ドラッグストアなどで手軽に購入できる「ボルタレン」や「ロキソニン」はよく知られている解熱鎮痛薬です。「アスピリン」はバファリン、「イブプロフェン」はイブという製品名で販売されており、いずれもメジャーな医薬品です。このように、NSAIDsはわたしたちの生活にかかせないものでもあります。

 

SSRIのひとつであるルボックスとNSAIDsを併用すると、血が止まりにくくなるケースがあります。

 

もし、血が止まりにくいといった症状がでた場合には、NSAIDsを可能なかぎり減らすといった対処法が必要となります。しかし、単純に服用量を減らせばよいというわけではありません。減らせばその分だけ、痛みがでてしまうからです。それでも併用したいというなら、医師に相談するとよいでしょう。

 

アルコールも併用注意!

 

なお、ルボックスの添付文書では「アルコール」も併用注意扱いとなっています。

 

→ルボックスとお酒(アルコール)は相性悪!飲酒の危険性とは?

 

↑でルボックスとお酒の併用の危険性を解説しているので、一度お読みください。

 

利用頻度の高い医薬品との飲み合わせ

 

ルボックスには、服用期間が長期化しやすいという特徴があります。そうなると、さまざまな医薬品と併用する可能性も高まります。

 

ここからは、ルボックスとひじょうによく使用されている医薬品との相性について見ていきましょう。

 

風邪薬(パブロン、ルルなど)

 

ルボックスと風邪薬を併用する場合、確認しなければならないことは「どんな解熱作用成分が含まれているか」ということです。

 

アセトアミノフェン
NSAIDs(ロキソニン、イブプロフェンなど)

 

↑は風邪による発熱などに使用される成分です。一般的にはこの2種類となりますが、併用注意のNSAIDsは避けたほうがよいでしょう。

 

つまり、風邪薬としてえらぶなら「アセトアミノフェン」がおすすめです。

 

病院で風邪薬を処方してもらうなら、事前にルボックスを服用中であることを伝えておきましょう。そうすれば、適切に処方してもらえます。しかし、注意したいのは市販の風邪薬です。ただしく選ぶためには、箱の成分表を確認しましょう。「アセトアミノフェン」と書いてある風邪薬を選ぶのがポイントです。いっぽう、なるべく避けたいのが、NSAIDsである「ロキソプロフェン」や「アスピリン」です。

 

花粉症(アレグラ、ザイザルなど)

 

花粉症は、春が近づくと急激に増加します。その時期にあわせて売上げが急上昇するのが、抗ヒスタミン薬である「アレグラ」や「アレロック」です。そのため、もっともルボックスと併用しやすい時期ともいえるのです。

 

とはいえ、抗ヒスタミン薬とルボックスは、併用注意ではありません。つまり、市販薬のアレグラなどと併用しても大丈夫なのです。

 

しかし、抗ヒスタミン薬は「中枢神経抑制作用」があるため、場合によっては併用は控えたほうが無難です。中枢神経抑制作用には、眠気が強くでやすいという特徴があります。そして、ルボックスの副作用でも、眠気がでる場合があります。そのため、それぞれの眠気があわさると、急激に強い眠気がでる可能性もあるのです。そう考えると、車の運転などの前に併用するのは大変危険です。もし併用するのであれば、外出しない日だけとルールを決めておくと安心です。

 

ピル(トリキュラーなど)

 

トリキュラーなどのピルを使用している女性もいるでしょう。

 

気になるルボックスとの関係ですが、併用したからといってピルの作用が弱まるなどの影響はありません。つまり、併用注意といわれる組みあわせではないのです。

 

しかし、ピルの副作用には消化器系の症状があります。もし、ルボックスで消化器系の症状がある人の場合、ピルとの併用によって症状がさら悪化する可能性があります。そのため、注意点として覚えておくとよいでしょう。

 

併用・飲み合わせのまとめ

 

↓はルボックスと併用禁忌となっている医薬品です。うっかり併用しないよう頭にいれておきましょう。

 

  1. MAO阻害剤
  2. ピモジド(オーラップ)
  3. チザニジン塩酸塩(テルネリン)
  4. ラメルテオン(ロゼレム)

 

↓は併用注意とされる医薬品の一部です。少なくともこれだけは知っておくとよいでしょう。

 

  1. セロトニン作用を有する薬剤
  2. 代謝酵素を阻害する薬剤(デパス、バイアグラなど)
  3. 出血傾向が増強される薬剤(ロキソニン、イブプロフェンなど)
  4. メサドン塩酸塩

 

なかでも、ルボックスと併用注意で、なおかつ利用頻度が高い医薬品が、デパスやバイアグラ、そしてNSAIDs(ロキソニン、イブプロフェン等)です。治療のための医薬品によって健康を害することのないよう気をつけましょう。