ルボックス服用中のお酒(アルコール)は危険性が高い

 

医薬品にはアルコールとの併用注意となっているものがたくさんあります。抗うつ薬であるルボックスについても例外ではありません。

 

ここからは、ルボックスとアルコールを併用した場合、どんなリスクがあるのか見ていきましょう。

 

ルボックスの添付文書を見てみよう

 

アルコールと併用注意や併用禁忌となっている医薬品は少なくありません。調剤薬局で薬を受けとる際、飲酒を控えるよう説明を受けた記憶があるという人もいるでしょう。

 

医薬品にアルコールがどうかかわっているか知りたいのであれば、添付文書をみるとよいでしょう。そこで、ルボックスの添付文書を確認してみましょう。

 

相互作用は認められていないが,他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている.
参考ページ:ルボックス添付文書

 

↑はアルコールについて、ルボックスの添付文書に書かれている内容です。

 

ルボックスには「中枢神経抑制作用」があります。そして、アルコールにもおなじ作用があるのです。つまり、ルボックスとアルコールを併用すると、この共通した作用があわさってしまい、強く作用がでてしまいます。その結果、頭痛や眠気、倦怠感などの副作用がでやすくなります。また、場合によっては深刻なケースにまで進行することもあります。

 

深刻な副作用がでやすいのは、ルボックスを服用すると頭痛や眠気などがでる人です。しかし、いま副作用がでていないからといって安心はできません。なぜなら、お酒を飲んだせいで、副作用がでてしまうケースもあるからです。

 

「眠気くらいだいじょうぶだろう」と軽く考えてしまいそうですが、強い眠気によってさまざまな問題をひきおこすこす可能性があります。たとえば、仕事のトラブルにつながったり、ふらつきにより転倒や事故にまきこまれるかもしれません。

 

ルボックスとアルコールは併用注意とされる組みあわせであり、併用禁忌ではありません。そのため、ぜったい禁止ともいえません。しかし、頻繁にお酒を飲んでいる人であれば、飲む量を減らすといった努力は必要でしょう。

 

消化器系症状や依存性・耐性形成増強のリスクもある

 

ルボックスの副作用のひとつに、消化器系の症状があります。そのため、ルボックスを服用すると、腹痛や吐き気がでる人も多いのです。

 

→副作用まとめ|眠気・めまい・頭痛など

 

吐き気など消化器系の症状は、お酒を大量に飲んだ場合にもあらわれます。つまり、ルボックスとアルコールには消化器系の症状がでるという共通の特徴があるということです。そのため、併用すると症状が悪化する可能性があります。

 

さらに、依存性耐性形成についても注意が必要です。もともとルボックスには依存性や耐性形成があります。そのため、不安を感じている人も少なくないでしょう。しかし、アルコールがもっている依存性については、無関心な人も多いのです。

 

寝つきが悪いからと、寝酒を習慣にしている人もいるでしょう。なかには、ルボックスを服用しても眠れず、お酒を飲んで解決しようと考える人もいます。そして、いつのまにかルボックスとアルコールを併用することが当たり前となってしまい、それぞれの依存度が蓄積されてしまうのです。

 

アルコール依存症は、強い禁断症状があらわれるため、とても治療が困難だといわれています。安易にルボックスと併用してしまうと、自覚がないままアルコール依存症になることもあり大変危険です。

 

飲酒が避けられないときはどうすればいい?

 

くり返しになりますが、ルボックスとアルコールは併用注意となっており、相性は悪いのです。そのため、併用しないことが望ましいといえますが、実際には付き合いなどで飲酒が避けられないケースもあります。

 

そういった状況では、アルコール度数の低いお酒をゆっくり飲むなどの対策が有効です。お酒が飲めないことで不都合が生じるのであれば、少しだけ飲んでもそれほど悪影響はないでしょう。しかし、併用禁忌ではないとはいえ、飲みすぎは禁物です。週に1回、1杯程度まで、といった飲酒のルールを決めておきましょう。

 

もちろん、強い眠気がでるリスクはあります。そのため、翌日に仕事があったり大切な用事がある場合などは、飲酒は避けるべきでしょう。飲酒するのであれば、翌日が休みで終日寝ていても許される場合だけにしましょう。ただし、「1杯でも飲んでしまうと止められない」というなら、アルコールはいっさい口にしないようにしましょう。

 

併用注意と知っているのにお酒がやめられないなら、すでにアルコール依存症かもしれません。もしそうであれば、うつ症状とはくらべものにならないほど、事態は深刻です。お酒をやめるのがむずかしいなら、はやめに医師のアドバイスを受けましょう。