妊娠中~授乳中のルボックス服用はOK?

 

妊娠中や授乳中は、できるだけ薬を飲みたくないと考える人は多いでしょう。抗うつ剤であるルボックスなら、さらに不安を感じるのは当然かもしれません。

 

そこで、本当はどのくらいリスクがあるのか確認しておきましょう。まずは、ルボックスの添付文書を見てみましょう。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,投与しないことが望ましい.また,投与中に妊娠が判明した場合は投与を中止することが望ましい.[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない.
妊娠末期に本剤を投与された妊婦から出生した新生児において,呼吸困難,振戦,筋緊張異常,痙攣,易刺激性,傾眠傾向,意識障害,嘔吐,哺乳困難,持続的な泣き等の症状が発現したとの報告がある.なお,これらの症状は,薬物離脱症状として報告される場合もある.
海外の疫学調査において,妊娠中に他のSSRIを投与された妊婦から出生した新生児において,新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある.
参考ページ:ルボックス添付文書

 

↑は添付文書に書かれているものです。わかりやすくいうと

 

赤ちゃんの成長に影響したり、生まれたあとに離脱症状がでる可能性があるため、やむをえず使用する場合をのぞいて、ルボックスの服用は避けるべきである。

 

となります。

 

深刻なうつ症状があり、ルボックスをやめるほうが危険だと判断した場合のみ、服用を継続することができます。ただし、服用には慎重な判断が必要なため、医師の許可なく服用することはできません。

 

添付文書の情報だけでは不安で、もっと判断材料が欲しいという人は、FDA薬剤胎児危険度分類基準を見るとよいでしょう。FDA薬剤胎児危険度分類基準とは、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関が、妊婦や授乳中の胎児などにあたえる医薬品の影響について、めやすとなる基準をしめしたものです。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A むしろ摂取が推奨される OK
B あまり危険性はない たぶんOK
C やや危険性があるかも 場合によってはOK
D 高い危険性がある どうしても必要な場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

↑がFDA薬剤胎児危険度分類基準となります。5段階評価で、A~Xの順に危険度をカテゴリー分けしています。気になるルボックスは「C」に分類されており、「安全ではないかもしれない」という評価となります。つまり、「動物でためしたら危険性がみとめられたが、人間ではためしていない」ということです。

 

それでも、ルボックスの危険性がわかりにくいという人のために、ルボックス以外の医薬品とも比較してみましょう。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC ルボックス、ロキソニン(解熱鎮痛剤)、クラリス(抗生物質)、マイスリー(睡眠薬)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ユーロジン、ワーファリン、フィナステリド

 

↑はルボックスといくつかの医薬品を比較したものです。

 

A~Bは比較的安全といわれる医薬品です。Aの葉酸は妊婦が摂取することが望ましいといわれていて、Bのアセトアミノフェンは鎮痛剤のなかでも安全といわれる医薬品です。カフェインもBに含まれており、取りすぎなければ問題ないとされています。ここまでは、あるていど予想の範囲内かもしれません。

 

「C」のルボックスと同一レベルの医薬品は、鎮痛剤のロキソニン、抗不安薬のデパス、鎮痛剤のロキソニンなどがあげられます。

 

もちろん、確実に悪影響がありそうなお酒やタバコは、D以下となります。また、「パキシル」はレクサプロとおなじSSRIですが、D評価となります。このように、おなじSSRIどうしでも評価がことなることがあります。

 

これまでの結果から、ルボックスの評価を整理すると、ロキソニンと同等のリスクであり、お酒やタバコよりは危険性が低いといったところです。したがって、「妊娠中だからロキソニンを控えている」というならルボックスも控えるべきでしょう。

 

なお、いままでパキシルを使用していて、妊娠をきっかけに切り替えを検討するなら、パキシルより危険性の低いルボックスを選択するという手段もありでしょう。

 

女性が妊娠して、不眠やイライラ、うつ症状がでやすくなるのは、女性ホルモンのバランスがくずれるからです。もともとうつっぽい症状がある人が、妊娠によって症状が悪化しても不思議ではありません。そのため、場合によってはルボックスを処方されることがあります。それは、うつ症状によって赤ちゃんに危険がおよぶと判断された場合です。

 

このように例外もあるため、ルボックスがぜったいNGとはならないのです。うつ症状がつらいのであれば、早めに医師に相談することです。ルボックスにかわる医薬品に切り替えたり、ルボックスの量を減らすなど、適切に対処してくれるでしょう。

 

妊娠初期と後期でリスクは変わるの?

 

医薬品が妊婦にあたえるリスクは、妊娠初期から後期にかけて変化します。一般的にもっとも高リスクといわれているのが妊娠初期であり、ルボックスも例外ではありません。

 

くり返しになりますが、妊婦がルボックスを服用すると、赤ちゃんに離脱症状がでる危険性があります。お腹のなかの赤ちゃんは、ママの体内からルボックスの影響を受けてしまいます。しかし、出産すると急に薬成分がとぎれることになり、離脱症状があらわれるのです。

 

離脱症状がどのくらい強くでるかは、ルボックスの影響をうけていた期間によります。つまり、妊娠初期からルボックスを服用していたなら、影響を長期間うけていたといえます。とはいえ、赤ちゃんへのリスクは離脱症状だけではないため、妊娠初期を過ぎればよいともいいきれません。しかし、妊娠中のルボックス服用が長期になればなるほど、赤ちゃんの離脱症状リスクが高まることを知っておくことは重要です。

 

反対に、妊娠中でも1~2回服用するていどなら、それほどリスクは高くないともいえます。そのため、頓服として使うなら、レキソタンを服用することができます。基本的に妊娠中のルボックスは控えるのが望ましいのですが、つらいときに1~2回だけレキソタンを服用する方法で妊娠期間を乗りきるのもひとつの手段です。赤ちゃんへの影響が心配だからと服用をガマンしたために、症状が悪化して赤ちゃんへ悪影響がでてしまったら本末転倒です。状況におうじて適切な対応は変化することを、知っておくことが大切です。

 

どんな場合であっても、まずは医師の診察を受けることです。自分がいまどんな状態であるのか、しっかりと相談して判断することが重要です。

 

授乳中の影響はどうやって対策する?

 

ルボックスの添付文書には、授乳中のお母さんと赤ちゃんにあたえる影響についても書かれています。

 

授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが,やむを得ず投与する場合は,授乳を避けさせること.[母乳中へ移行することが報告されている.]

 

授乳中にルボックスを服用していると、ルボックスの成分は母乳をとおして赤ちゃんにつたわります。赤ちゃんはとても体重が軽いため、ほんのすこしの薬成分であっても、大人とはくらべものにならないくらい影響をうけることになります。可能性としては、眠りグセがつくことが考えられ、赤ちゃんの成長をさまたげる原因にもなります。授乳中の服用は避けるよう記載があるのはそのためです。

 

しかし、妊娠中ほど対応はむずかしくありません。妊娠中はどうやっても赤ちゃんから離れることはできませんが、出産後であれば授乳を避けるという手段があるからです。つまり、ミルク育児をすれば、影響はゼロになるのです。

 

初乳はできるだけあげるようにしよう

 

ルボックスの問題は、ミルク育児によって乗り越えることができます。しかし「初乳」は赤ちゃんにとって特別なものなので、できるだけあたえましょう。出産後にはじめての授乳は初乳とよばれ、お母さんの免疫物質である「免疫グロブリンA」を赤ちゃんに分けあたえる貴重な役目をもっています。そのため、ルボックスを服用中であっても、初乳前後の数日間だけは服用を控えておき、初乳に備えておきましょう。

 

初乳をあたえることができたなら、最低限の免疫は赤ちゃんに届いたことになります。あとは、ミルク育児を選択すれば問題ないでしょう。