ルボックス服用中の運動はいいの?

 

ルボックスを服用中に運動してもよいかという判断は、

 

  1. ルボックスを処方された理由
  2. ルボックスの作用そのものが運動にどう影響するか

 

この2点がポイントになります。

 

なぜルボックスを服用しているのか

 

まずは、なぜルボックスを服用することになったのか、という原因から確認してみましょう。SSRIのひとつであるルボックスは、うつ病やうつ状態の人に処方される医薬品です。ほかにも、PTSDや社会不安障害といった症状で処方されることもあります。これらはすべて、精神的な病気だといえるでしょう。

 

それでは、精神疾患を治療中の人が運動すると、なんらかの危険性があるのでしょうか。

 

ルボックスを精神疾患治療に使用している場合、運動することはむしろ推奨されているのです。その理由は、運動が治療によい効果をもたらすと考えられているからです。つまり、運動療法は精神疾患を治療する方法のひとつでもあるのです。

精神状態の安定化

 

脳由来神経栄養因子(BDNF)は脳内にある神経物質の栄養となるタンパク質です。このBDNFは、運動して血行がよくなると増加することがわかっています。神経物質の燃料となるBDNFによってセロトニンやノルアドレナリンが増加すると、うつ状態の治療に役立つと期待されています。

 

体力回復

 

うつ症状などになると、外出する機会が減ってしまうため体力が落ちてしまいます。そして、しだいに意欲も失われていきます。しかし、運動して体力がついてくると、やる気がでたり、ストレスが軽減されるなど、症状を改善する効果がアップするのです。

 

体重減少

 

SSRIには、副作用として体重が増加することがあります。これはルボックスにもあてはまる症状ですが、薬の作用だけが原因ともいえないのです。うつ病などで体力を使わなくなり代謝が低下することで、体重が増えているとも考えられます。そのため、体重増加を予防するためには、運動して代謝を上げるとよいでしょう。

 

上記のように、運動療法はうつ病やうつ状態を治療するために、効果的な方法のひとつと考えられています。そのような理由から、ルボックスを服用中ならむしろ運動したほうがよいといえるのです。

 

もちろん、やみくもにハードな筋トレやジョギングなどをおこなうのは考えものです。まずは、軽めのウォーキングなどでじょじょに体を動かしてみましょう。「どんな運動をすればよいかわからない」というなら、医師からアドバイスをもらってもよいでしょう。

 

運動が推奨できないケース

 

くり返しになりますが、運動することは、うつ病などの改善に効果があります。しかし、ルボックスを服用中でも、ある条件に該当する人は運動を避けたほうがよいでしょう。

 

その条件とは、ルボックスを服用することにより、循環器系の症状がでている場合です。たとえば、高血圧や動悸といった症状があてはまります。

 

→副作用まとめ|眠気・めまい・頭痛など

 

循環器系の副作用がでている人は、なぜ運動を控えたほうがよいかというと、腎臓に大きな負担をかけてしまうからです。

 

結論として、ルボックス服用中は、ほどほどに運動するとよいでしょう。しかし、循環器系の副作用などがある場合は、運動によって体に悪影響がでるリスクがあります。症状によって判断がむずかしいケースもあるため、すこしでも不安があるなら、医師に確認しておくとよいでしょう。